きかんしゃトーマスの人気おもちゃレッツゴー大冒険は知育にもなって超おすすめ!

きかんしゃトーマスのおもちゃ、レッツゴー大冒険の写真 おもちゃ

きかんしゃトーマス。

顔が怖くて(というか不気味で…)好きじゃないのですが、2歳の娘はけっこう好きなようで、トーマスのおもちゃは食いつきが良いです。

特に夢中で遊んでいるのが「きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険!」というおもちゃ。

トーマスとパーシーが走るだけのプラレールのミニ版みたいなものかと思ったら、知育玩具としてめちゃくちゃ良くできたおもちゃだったので、紹介します。

きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険はこんなおもちゃ

最初に見た時、スイッチを入れるとトーマスが走るおもちゃかな~と思ったのですが、トーマスレッツゴー大冒険は電池を使いません。

子供のおもちゃって電池をすごく使うので、電池不要で遊べるのは嬉しい!

計6つのレバーとボタンを使って、トーマスとパーシーが線路を一周できるように誘導して遊ぶおもちゃです。

きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険は知育玩具として優秀

この仕掛けがまあよく出来ていて、けっこう頭や指先を使うんですね。

線路がつながるようにレバーで線路を回転させたり、坂道を上ったり、ハロルドの磁石を使ってトーマスを移動させたり…

電源を入れたら見ているだけのプラレールと違い、どうすればトーマスが進めるかどうか、子供が一生懸命考えながら集中して遊びます。

さすが学研が監修しただけあると思います。

うちの娘は、よくあるスロープの上から車を転がすおもちゃはすぐ飽きてしまったのですが、トーマスレッツゴーは自分でトーマスを動かす感覚が楽しいのか、何度も何度も繰り返しやっています。

わりと飽きっぽい娘ですが、この「自分で考えて動かす」というのが良いみたいです。

きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険は何歳からいつまで遊べる?

うちの娘は2歳過ぎくらいでレッツゴー大冒険に出会って、夢中になりました。

手先がだいぶ器用になり、1人でもブロックを組み立てて遊べるようになった頃です。

レビューを見ていると、1歳半~5歳くらいまでの子供がハマるみたいですね。

前述のとおり仕掛けがよく出来ているので、大人がやってみてもけっこう楽しかったりします…(笑)

きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険はDXもある

「きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険!DX」という新しいバージョンも出ています。

こちらも電池を使わず、レバーやボタン操作のみでトーマスとパーシーを動かす仕組み。

おもちゃ屋さんで実物を見ましたが、サイズが見るからに大きくなり、スロープやエレベーターも距離が長くなっていました。

…が、個人的にはDX版ではない、ノーマルバージョンで十分かなと。

なんとなくですが、見た目が派手な分、DXのほうが飽きやすい気がします。

子供って複雑で遊び方や見た目が決まっているおもちゃより、シンプルなおもちゃのほうが、想像力を使って繰り返し遊んでいるような気がするんですよね。

値段もDX版は2倍くらいだったので、うちは安くて長く遊べるノーマル版だけでいいなと思いました。

きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険は通販で買うと安い

きかんしゃトーマスレッツゴー大冒険は定価5000円ちょっとのおもちゃですが、Amazonだと45%OFFで3000円を切っていました。

店頭よりかなり安く買えたので、通販での購入がおすすめです。