レゴクラシックは何歳から遊べる?スペシャル10698を買ってみた結果

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル 10698の商品写真 おもちゃ

最近ブロック遊びが大好きな娘、そろそろレゴデビューかな、と思い、「レゴクラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル 10698」を購入しました。

結果的に、レゴデビューには最適な商品で満足しています♪

私がそうだったんですが、レゴって種類がありすぎて、初めての時は何を買えばいいか悩むと思うので、購入前に気になっていたことや、買ってみての感想をまとめてみました。

レゴクラシックは何歳から遊べる?

レゴクラシックの推奨対象年齢は、4~9歳。

ですが、2~3歳の子供のレゴデビューに買った、というレビューもすごく多かったので、それを信じてうちも2歳半の娘に購入しました。

今まで使っていた子供用ブロックよりパーツが小さいので、ちゃんと組み立てられるかな?と心配でしたが、意外と器用に遊べてる!

さすがに作り方レシピを見て1品で作品を組み立てる…までは行きませんが、ちゃんとブロック遊びとして成立しています。

パーツが細かくて数が多くなった分、集中して遊んでいて、1人でブロック遊びに没頭している時間も長くなったのは、親的に助かっている点です。

幼児用ブロックに比べるとパーツが小さいので、口に物を入れてしまう子にはまだ危ないと思いますが、もうその心配がない年齢になっていて、普段ブロックで遊んでいる子なら、レゴデビューしても大丈夫かと感じました。

レビューを見ると、2~3歳でレゴデビューして、小学生までずっと遊べている、というご家庭が多いみたいですね。

今は一緒に遊ぶことが多いのですが、幼児用ブロックに比べて出来上がる物の完成度が高いので、つい大人が夢中になってしまうことも。

さすが、対象年齢が「4歳~99歳」となっているだけあります(笑)

レゴクラシックスペシャル10698の中身

レゴクラシックスペシャル10698の中身は、全790ピース。

  • 全33色の基本パーツ
  • 8種類の窓パーツとドアパーツ
  • ベースプレート2つ
  • タイヤパーツ6点

基本パーツといっても正方形と長方形だけではなく、薄いの小さいのとんがったの…と、大小さまざまなサイズと形が入っています。

なので、この黄色いボックスだけでも、十分いろんな作品が組み立てOK。

内容がベーシックな分、遊び方の自由度が高くて想像力が鍛えられるし、レゴ入門にはぴったりな内容だと思いました!

ちなみに、物足りなくなったら「アイデアパーツ」というシリーズを買い足しできます。

そもそもそういう遊び方を想定しているのか、黄色い収納ボックスも中身に対して大きめで、まだまだ余裕がある感じです。

レゴクラシックは遊び方いろいろ

付属の説明書にもお城やショベルカー、カメラ、動物などの組み立てレシピが載っていますが、ネットや電子書籍で新しいレシピを探すと、さらにレゴを遊び尽くせます。

娘のお気に入りは、こちらのレシピに載っていた食品シリーズ。

うちはAmazonプライムに入っているので、無料で読めるレゴレシピがたくさんあって助かりました♪

※Amazonプライムに入っていると、送料無料だけじゃなく電子書籍の読み放題や動画の見放題もセットで利用できるのです~。

Amazonプライムの公式ページはこちら≫

ハンバーガーやおにぎり、お弁当を作って、おままごとやお店屋さんごっこを楽しんでいます。

おままごとセットを新しく買わなくていいし、娘が自分であれ作りたい、これ作りたいと考えるので、知育玩具としてもレゴって優秀!と思いました。

レゴクラシックの評価まとめ

  • 小さいパーツを口に入れない子供であれば、2~3歳でも楽しめる
  • 黄色いアイデアボックスの中身はベーシックな基本パーツ中心
  • これだけでもいろんな作品が作れるので、レゴ入門にはピッタリ
  • このセットをベースに、アイデアパーツを買い足してもOK
  • ネットや電子書籍で組み立てレシピが閲覧できる

黄色いアイデアボックス、レゴデビューにはちょうどいいセットだと思います。近くのお店だと5000円くらいだったのですが、Amazonだと4000円を切っていて、かなりお安く買えました♪集中して遊んでいるし、雨の日も遊べるので、買って良かったです!