安いけど機能はルンバ並!?アイライフのロボット掃除機比較

ILIFEのロボット掃除機の写真 家事・掃除

ロボット掃除機は欲しいけど、ルンバは高い!

と思って迷っている人は多いと思います。

そんな人に人気かつおすすめなのが、アイライフのロボット掃除機。

ルンバの半額以下と安いお値段ながら、機能性はそこまで変わりません。

家電批評、MONOQLO、LDKなどの家電レビュー雑誌の評価テストの結果、ルンバともっと安いロボット掃除機の1番の違いは、掃除にかかる時間の違いだそう。

例えば、ルンバが10分かかるところを、アイライフだと30分かけて掃除するという具合です。

評価テストの結果では、障害物の回避能力やセンサー能力には、ほとんど違いはありませんでした。

つまり、安価な機種であっても時間さえかければルンバと同レベルに掃除できるということで…

どうせ放置が目的のロボット掃除機なら、ちょっと時間がかかってもあまり問題じゃないですよね。

そんなわけで、安くてちょっぴり時間はかかるけど、最終的なお掃除機能はルンバ並み!な、アイライフのロボット掃除機たちを紹介します。

機種ごとに少しずつ価格や機能が違うので、比較してお好みの1台を見つけてください!

アイライフのロボット掃除機比較

1万円台のロボット掃除機で最優秀!アイライフ V3s Pro

実売価格:18000~23000円
予約機能:◯あり
水拭き機能:×なし
アプリ遠隔操作:×なし
MAXモード(吸引力5倍):×なし

アイライフで1番安いエントリーモデル。

Amazonだと1万円台で買えますが、家電批評やLDKのロボット掃除機では全29台中でも優れたパフォーマンスを発揮し、1万円台のロボット掃除機で最も優秀と絶賛された機種です。

障害物の回避機能、段差ギリギリでの落下回避、毛足の長いラグカーペットでも進めるパワーなど、ルンバのエントリーモデルとも遜色ない能力だと評価されました。

基本性能の良さに加えて、ルンバでは上位機種にしかないスケジュール予約機能があるのも魅力。

仕事での留守中や朝起きる少し前にタイマー設定をしておけば、いつでもキレイで快適なお部屋をキープできます。

ILIFE V3s Proの口コミ評価

この値段でこれはいいです!1時間ほど自由に動き回ってもらったところ、大量のほこりや髪の毛が取れていました。ダストボックスのゴミ捨ては1週間に1回くらいで済むので、週1のわずかな手間のみで床のゴミがきれいになくなり、満足しています。
猫が2頭おり、抜け毛の多さに悩んでいました。ルンバは安い機種でも5万円なので、過剰な期待はしていませんでしたが、このロボット掃除機でも十分です!仕事から帰ってくると、抜け毛1本ないクリーンな床。掃除や雑巾がけのストレスから解放されました。
ルンバと迷いましたが、アイライフは価格が半分で使用時間が2倍なのでこちらにしました。結果、清掃能力は思った以上に高く、まったく問題なく使えています。おすすめです。

水拭き機能でフローリングもピカピカ!ILIFE V5s Pro

実売価格:21900円
予約機能:◯あり
水拭き機能:◯あり
アプリ遠隔操作:×なし
MAXモード(吸引力5倍):◯あり

通常の清掃に加え、水拭き機能と吸引力5倍のMAXモードを搭載した機種。

タンクに水を入れて専用モップを装着すると、自動で床の水拭きをしてくれます。

ただし、カーペットと床を自動判別してくれる機能はないので、敷物のある部屋では、あらかじめ障害物を置くなどして、ロボット掃除機が入れないようにする必要があります。

ホワイトにゴールドのシンプルなデザインも評判が良く、デザインが決め手で選んだという人も多い人気機種です。

ILIFE V5s Proの口コミ評価

小さな子供が2人いるので、床拭きができるロボットクリーナーを探していました。ブラーバと最後まで悩みましたが、食べこぼしは水拭きだけでは掃除できないので、掃除機と水拭きの両方があるアイライフにしました。
子育て中の身としては、普通の掃除もでき、水拭き機能で床も清潔に保て、価格も安いのでとてもおすすめです!
スケジュール機能を使って、毎日決まった時間に掃除してもらっています。ロボット掃除機なんて必要か?と思ってましたが、実際に使い始めるとすごく便利!お値段以上の買い物ができました。
毎日の掃除が面倒で、ホコリだらけにすることも多かったリビングが今はいつもピカピカ。もっと早く購入すればよかったです。デザインもルンバよりいいし、フローリングも水拭きできてお得感があります。

Wifi接続で外出先でも遠隔操作!ILIFE A7

実売価格:24900円
予約機能:◯あり
水拭き機能:×なし
アプリ遠隔操作:◯あり
MAXモード(吸引力5倍):×なし

Wifi接続によるアプリ遠隔操作に対応した機種。

専用アプリを使って、外出先からもロボット掃除機を遠隔起動できるので、日中は仕事で留守になるという人に最適です。

また、他のアイライフの機種との違いは、2種類のブラシを交換できること。

柔らかいゴムブラシはフローリングの床に、ゴミを絡め取る力が強い硬毛ブラシはカーペットやラグの掃除にと使い分けできます。

ILIFE A7の口コミ評価

初めてのロボット掃除機で不安でしたが、操作が簡単で使いやすい!日中は仕事でいないので、Wifi機能も便利です。毎日の留守中に使って、気になる髪の毛やホコリを掃除してもらって本当に楽ちん。買ってよかったです。
うちはフローリングもカーペットも両方あるので、アイライフの中でも吸引力や掃除能力が高そうなA7を選びました。結果、思っていた以上の清掃能力で、掃除の手間が大幅に減りました!

充実機能と強力吸引の上位機種!ILIFE V8s

実売価格:29900円
予約機能:◯あり
水拭き機能:◯あり
アプリ遠隔操作:◯あり
MAXモード(吸引力5倍):◯あり

スケジュール予約、水拭き清掃、アプリ操作、MAXモードのすべてを搭載し、かつ他機種の2倍以上のダストボックスを備えたアイライフの上位機種。

吸引力も従来機種より強化され、髪の毛や小さなホコリも見逃しません。

ダストボックス容量が750mlもあるので、ゴミ捨ての手間が少なく、広いお部屋もしっかりお掃除できます。

ILIFE V8sの口コミ評価

ロボット掃除機として必要な機能がひととおり揃っています。部屋の隅までブラシが入り込んで、しっかりゴミを掻き出せるし、カーペットにもきちんと上がって掃除してくれます。段差から落ちたことも1度もなく、センサー感度も良好。これで3万円はコスパが高いです。
壁の近くでは角に沿って動き、テーブルの足回りはくるっと一周回って掃除してくれる。想像以上の賢さに驚きました。ダストボックスの容量が大きく、手入れの回数が少ないのもありがたいです。