エコードット第2世代と第3世代の違いは?各世代の特徴まとめ

スマートスピーカーエコードットの本体写真 家電

スマートスピーカーEcho Dotの第3世代が発売されました。

…が、第2世代も未だ現役で発売中。

エコードットを買いたいけれど、どちらがいいのか?と迷いますよね。

初めてエコードットを購入する人向けに、第2世代と第3世代の違いをまとめました。

比べてみると、必ずしも新しい第3世代のほうが優れている!というわけでもないので、スマートスピーカーを使う目的に合わせて、自分に合った世代を選んでみてください!

エコードット第2世代と第3世代の違いは?

エコードット第3世代は音質が格段に向上

エコードット第3世代で、最も大きく変わったのは音質です。

スピーカー機能が向上し、第2世代と比較すると格段に音質が良くなりました。

Amazon musicで音楽を楽しんだり、ラジオを聞くのをメインにスマートスピーカーを使いたいなら、迷わずエコードット第3世代をおすすめします。

ただし、音質を追求するなら、エコードットを外部スピーカーに接続するという選択肢もあり。

外部接続は世代に関わらず可能なので、最初から外部スピーカーにつないで使うつもりなら、第3世代である必要はありません。

第3世代は2台使いでステレオスピーカーにもできる

第2世代にはない機能として、第3世代は2台使いでステレオスピーカー化できる機能があります。

音質が向上した第3世代をステレオ化することで、より臨場感のある音楽再生が可能に。

エコードットのスピーカーは360度方向に音が出るため、ステレオ化すると音の広がりや奥行きがグンと良くなります。

あらかじめステレオ化の設定を済ませておけば、音楽再生時には自動的にステレオで再生されます。ちなみに話しかけた場合には、どちらか片方のアレクサが反応しますよ。

エコードット第2世代はUSB電源が使える

エコードット第2世代ではUSB電源が使えましたが、第3世代ではUSB電源は使えなくなっています。

USB対応であれば、車内で使ったり、屋外でもモバイルバッテリーから電源を取ることができるので、使える場所の多さや携帯性においては、第2世代のほうが上。

サイズ的にも第2世代のほうが一回りコンパクトで、重量も第2世代が163gなのに対し、第3世代は300gと大きくサイズアップしています。

音質よりもモバイル性を重視するなら、第2世代のほうがおすすめです!

特に車載で使いたい場合、USB電源が使えない第3世代は電源の確保が難しいです…。

エコードット値段の違いは?

最後にエコードットの価格についてですが、現在Amazonでの実売価格は次のとおり。

  • エコードット第2世代…2740円
  • エコードット第3世代…5980円

約3200円の価格差があり、第2世代のほうが値段としてはお手頃です。

エコードット第2世代と第3世代の違いまとめ

  • 音質は第3世代のほうが、かなり向上している
  • 第3世代では2台使いでステレオスピーカー化が可能
  • USB電源が使えるのは第2世代のみ
  • サイズは第2世代のほうがコンパクトで、第3世代は一回り大きい

新製品が出ていると、新しいほうが欲しくなるのが人情ですが、スマートスピーカーとしての性能や音声認識の精度について、第2世代と第3世代で大きな違いはありません。

  • 音楽を聴きたい→第3世代
  • 車や屋外などUSB電源で使いたい→第2世代
  • とりあえず安くスマートスピーカーを体験したい→第2世代

という感じで、目的に合った世代を選択するのがいいと思います。

Amazonにもたくさんのレビューがありますので、参考にしてみてください。