シロカの電気圧力鍋は初心者にも使いやすい?実際に買ってみた評価

sirocaシロカの電気圧力鍋SP-D131の商品写真 グルメ・料理

前から気になっていたシロカの電気圧力鍋(SP-D131)を購入したのですが、これが超絶便利でした!!

あまりの便利さに、ほぼ毎日レギュラーとして活躍しています。もっと早く買えば良かった!

圧力鍋って扱いが難しいイメージがあるので、私にも使えるかな?と購入を迷っていたのですが…

シロカの電気圧力鍋は、私みたいな圧力鍋初心者でも本当に使いやすい♪

同じように迷っている人向けに、実際に使ってみての評価をお伝えします。

シロカの電気圧力鍋を使ってみての評価!

シロカの電気圧力鍋はシンプル操作で使いやすい

シロカの電気圧力鍋は、一人暮らし用の炊飯器くらいのサイズ。

一度に作れるお料理の量は、1~3人前くらいです。

じゃがいもだと、一度に3~4個をふかせるくらい。

※私が購入したSP-D131は容量2L。4Lのタイプもあります。

 

構造も使い方もほぼ炊飯器で、内釜に食材を入れたら、あとは時間を設定してスイッチを入れるだけ。

後は放ったらかしておくだけで勝手に料理が出来上がるので、食材をカットした時点で「よし、もう一品できた~」という心の余裕が生まれます。

スイッチを入れた後は台所から完全に目を離せるので、小さな子供や赤ちゃんのいる家庭にも便利だと思いました。

料理中に子供がくっついて遊ぼうとしたり、台所に立った途端に赤ちゃんが泣き出したりって本当によくあるので…

うーん、私も子供が産まれてすぐに買っておけばよかったなー。

私は以前、普通の圧力鍋を持っていたのですが、なんか下手に触ると爆発しそうで、フタの開け閉めがすごい怖かったんですね。

でも、シロカの電気圧力鍋はとっても静かで、蒸気もほとんど出ないので、圧力の怖さを感じさせません。

フタを開けるタイミングは圧力ピンを見ればわかるし、開けた時にボン!と音がしたり、蒸気がブワ~!なんてこともありません。使い始めから調理完了まで、穏やかで静かなものです。

この電気圧力鍋を買ってから、圧力鍋=怖いというイメージが、圧力鍋=超便利!という認識に一転しました。

シロカの電気圧力鍋は操作も使用感も、ほぼ炊飯器。炊飯器が使える人なら、誰でも使いこなせると思います!

シロカの電気圧力鍋は時短に最高!

電気圧力鍋を使ってみてビックリしたのは、調理時間が本当に短くて済むこと。

ご飯を炊くのも10分程度、じゃがいもやかぼちゃは2~3分で芯までホクホク柔らかくなります。

チキンカレーのチキンはホロホロだし、煮魚は骨まで柔らか。豚の角煮だってホロホロです。

今まで豚の角煮を作るのに1時間も2時間もかけて煮込んで、それでいてたいして柔らかくもない…という失敗は一体何だったのか…。

電気圧力鍋を持っているだけで、料理のレベルがググッと上がります。

圧力鍋初心者への注意点としては、レシピブックなどに載っている調理時間の他に、圧力ピンが下がるまでの待ち時間があることくらいかな?

調理完了後、鍋内の圧力が抜けて圧力ピンが下がるまで、だいたい5~10分くらいかかります。

なので、お料理が食べられるまでは、レシピにある調理時間+10分弱がトータルの調理時間。

ただ、これは電気じゃなく普通の圧力鍋でも同じだし、シロカでもパナソニックでも、どのメーカーの電気圧力鍋を買っても同じです。

シロカの電気圧力鍋は掃除がしやすい

シロカの電気圧力鍋は、お掃除方法も炊飯器とほぼ同じ。

基本、内釜を洗うだけでOKなので、お手入れはとても楽です。

内蓋も全部取り外して洗える仕様ですが、面倒なので私は毎回は洗ってません(^_^;)

長く使っていると内蓋のパッキンが黄ばむというレビューがありますが、うちは半年以上ほぼ毎日使っていて、今のところパッキンの劣化は感じません。

パッキンの予備も本体に同梱されているので、当分は困りそうにないです。

シロカの電気圧力鍋の評価まとめ

  • 操作とお掃除方法は、ほぼ炊飯器
  • 調理中の音や煙はほとんどなし
  • 一度に作れる量は1~3人前
  • 数分でほとんどの料理が完成するので、時短効果がすごい!

買うまでは使いこなせるか不安もありましたが、もう本当に便利なので、今ではキッチンに欠かせない存在になりました。献立の幅も広がるし、時短効果も素晴らしいので、迷っているならぜひ使ってみて欲しいです!