Amazonで爆売れ!ドウシシャの焼き芋機で作った焼き芋が美味しすぎる

焼き芋の写真 グルメ・料理

最近その存在を知った、焼き芋メーカー。

焼き芋を焼くためだけの専用機器があるなんて知りませんでしたが、これAmazonですごく売れてるんだそうです。

レビューを見ると、電子レンジやグリルで作る焼き芋とは、レベルの違う美味しさになるとか(ゴクリ…)。

…というわけで、焼き芋メーカーで1番人気のドウシシャの焼き芋機を買ってしまいました(笑)

実際に使ってみて、焼き芋の味はどうだったのか!?

以下に詳しくレビューします!

ドウシシャ焼き芋メーカーを使ってみた感想

電子レンジや鍋とは比較にならないほど甘くて美味しい!

結論から言いますと、ドウシシャの焼き芋メーカーで作った焼き芋は、めちゃくちゃ美味しいです。

パリッと、でも焦げてはいない香ばしい皮。

スイーツかと思うほど甘く、ねっとりとした食感に仕上がった黄金色のお芋。

電子レンジでふかしたお芋や、スーパーで買った焼き芋とは、次元の違う美味しさでした。

さすが「焼き芋専用」を謳うだけのことはあります。同じさつまいもでも、甘さも食感もぜんぜん違って驚きました!

スーパーやコンビニの焼き芋との違いはここ!

スーパーやコンビニなどのお店で買った焼き芋って、さつまいもの皮と身の部分に隙間ができてませんか?

お店の焼き芋ってああいうものなのかと思ってましたが、実は焼き芋の皮のあの隙間、保温器で長時間保存した結果、身の水分が蒸発してできるものなんだそうです。

つまり、隙間がある焼き芋=パサパサになって風味が落ちている、ってことなんですね。

ドウシシャの焼き芋メーカーで作った焼き芋は、皮とお芋の部分に隙間がありません。

そして、買った焼き芋より食感がしっとりふっくら!

パサパサ感がなく、芯まで柔らか~い仕上がりです。

ドウシシャの焼き芋機の使い方や使用感は?

使い方は簡単で、焼き芋用プレートにさつまいもを入れ、約40分待つだけ。

タイマーがないのがちょっと残念ですが、まあスマホのタイマーでも仕掛けておけばいいし、焼きすぎても特に問題はないので、そこまで不便というほどでもありません。

サーモスタット付きで、一定温度に達すると加熱が止まる安全装置があるので、長時間放置しても焦げたり燃えたりという危険はありません。個人的に、40分より長めに焼いたほうがパリパリの皮が楽しめて好みでした♪

また、ドウシシャの焼き芋メーカーは上下からお芋を挟んで焼くので、途中でひっくり返す手間がないのもGood。

焼き芋メーカーには鍋タイプのものもあるのですが、こちらはガスコンロの直火にかけるので目が離せないし、下側からしか焼けないので、途中でひっくり返してあげないといけません。

その点、ドウシシャの焼き芋機は一度さつまいもをセットしたら放置でOKなのは楽ちんでいいと思いました。

使用後のお手入れも簡単で、プレートを外してサッと洗うだけです。

焼き芋以外の料理も作れるグリルプレート付き

ドウシシャの焼き芋メーカーには、焼き芋専用プレートの他に、平面のグリルプレートも付属しています。

工夫次第でいろんな料理も作れるようですが、我が家で実用性があるのはホットサンド。

食パン2枚を、耳を切らずに並べられるサイズなので、ホットサンド2個(食パン4枚分)が一度に焼けます。

焼き芋同様、上下から焼くので、外側は美味しそうなシマシマの焦げ目がカリッ、中はふっくらで、カフェのような本格的なホットサンドが簡単に完成。

子供の朝ごはんやお弁当に大受けです。

チーズやソースのハミ出しにさえ気をつければ、プレートがほとんど汚れずお手入れも楽。ホットサンドメーカーとしても優秀だと思います♪

ドウシシャ焼き芋メーカーの評価まとめ

  • 皮はパリッと中はしっとり甘く、買ったり家で作る焼き芋とはレベルが違う美味しい焼き芋が作れる
  • 焼き時間は約40分、途中でひっくり返さなくていいので楽
  • プレートを外して洗うだけなのでお手入れが簡単
  • ホットサンドなどが作れる平面プレート付き

ドウシシャの焼き芋メーカーは、良くも悪くも「焼き芋を美味しく焼く」ということに特化しています。

なので、いろんなお料理がしたいとか、焼き芋にそこまで興味がない人だと、あまり出番はなさそうです。

でも、「美味しい焼き芋が食べたい!」「さつまいものポテンシャルを最大限に引き出したい!」という焼き芋やさつまいもへの愛があるなら、愛があればあるほど、評価が高くなるんじゃないかな~と。

出来上がった焼き芋は本当~に美味しいので、お芋好きの人にはぜひおすすめします。